傾聴力養成研修

8月4日、6日の2日間、福岡よかトピア国際交流財団様にて、相談員を中心として19名の職員の方へ、相談員様の能力向上を目的として傾聴力養成研修として、傾聴の基本とアサーションの基本について研修を実施しました。

福岡よかトピア国際交流財団様は、市民の国際交流を促進する事業、在住外国人及び外国人学生を支援する事業、グローバル人材を育成する事業を中心に活動されています。
公益財団法人 福岡よかトピア国際交流財団:http://www.fcif.or.jp/about/fcif/

 

傾聴の基本と相談員に求められる傾聴について座学を行っています。また、相談員に大切な、聴くだけではなく、伝えるスキルであるアサーションの基礎も講義させていただきました。

 

小グループに分かれて、傾聴力を身に着ける実習として、ロールプレイを3セッション実施。感染対策として、換気や別々の部屋を準備、マスク着用、パーテーションを設置していただきました。責任者の方に感謝致します。なお、プライバシーを配慮してお顔はぼかしを入れています。

 

 


令和3年度 福岡市傾聴ボランティア養成講座

福岡市福祉協議会様の依頼で「傾聴ボランティア講座」を7月3日、10日、17日の3回シリーズで実施しました。
対面とZOOMを使ったオンラインのハイブリッド方式で初めての試みでした。受講者の定員はそれぞれ20名、合計40名で受付日にすぐ定員となり、多くの方が傾聴を学びたいと思っておられるのを感じました。講座は好評でした。
感染状況次第ですが、好評につき、秋にもう一度講座を計画したいと思います。

コロナの影響で昨年度は実現に至りませんでしたが。今年は開催です。嬉しいですね。

 

座学の風景です。昨年度と違って換気のために、扉は開放となっています。講師もマスクを着用して講義しています。見えずらいですが、講師の前には透明のアクリル板を設置。

 

目の前には対面で受講される方々、後方のプロジェクターにはZOOMで参加された20名の方々が投影されています。

 

ZOOMでオンライン受講されている方々とのロールプレイ後の振り返り専用の部屋です。社会福祉協議会の方々のアイデアと準備に感謝いたします。ありがとうございました。


ライフプラン北九州2021

7月梅雨明けの青空のもと、無事2日間の研修を終えました。
参加18名、平成生まれの若者達。
これからの長い人生など意識もせずに過ごしてきた若者は、明日のことなど気にしたことがない、、、そんなかれらが、研修を終える頃にはしっかり、研修の成果や、自己分析やら、将来の目標やらを具体的に思い描いてくれました。

一人づつ感想を述べてもらう中で、2日間を楽しんでくれた様子も伝わってきました。
純粋で、真面目で少しシャイな未来ある若者、時代の転換期に遭遇した彼らに、幸多かれとエールをおくらずにはいられません。


宗像市傾聴講座

令和3年1月25日、宗像市社会福祉協議会様主催にて精神障がい者や認知症の方を支援するボランティアグループのメンバー約20人に対して100分間、傾聴の体験や自助グループやピアサポートのあり方等についての話をしました。傾聴の体験では一体感があって楽しい講座でした。また、より理解を深めてもらうために、事前に収録した「傾聴と普通の聴き方の違い」についてのビデオを見て頂きました。

この写真は傾聴体験の一場面です。なお、プライバシー保護のためモザイク処理を実施しています。


2020ライフプラン築城

受講者56名、ソーシャルディスタンスの確保の為、急遽体育館にて実施。
底冷え笑。
それぞれ2メートルの間隔を空けての研修となり、講師は体育館の中を走り回りました。
ほぼ20歳から30歳までの若者、一様に真面目で純粋、終始和気藹々の中で私自身も楽しませてもらいながら、一体感を感じられる2日間でした。
受講者の感想
1.自分をよく知ることができた。
2.2日間とても楽しかった。
3.新しい仲間作りができた。
4.これまでの自分を見つめ直し、これからの自分を具体的にイメージすることができた。


毎日新聞に取材を受けました

傾聴スキルアップ講座も11月21日で無事に5回を終了いたしました。あと12月に2回を残すのみとなりました。コロナ禍のなかZOOMを使ったオンライン講座を開催いたしましたが、私たちスタッフも慣れないことが多く苦労してなんとか現在に至っております(笑)。そんな中で、毎日新聞社様からコロナ禍の中での傾聴講座ということで取材を受けました。

記者さんにも体験で参加頂き、総勢25名で開催です。ZOOMの画面はプライバシーに配慮してボカシを入れています。

記事はこちらにて確認できます。https://mainichi.jp/articles/20201127/k00/00m/040/234000c


シニア世代をいきいきと

福岡市小笹公民館で「シニア世代をいきいきと」をテーマに4回シリーズの講座を行いました。
始まりは今年1月、ところが2回を終えた時点でコロナによる公民館閉鎖。
7ヶ月の空白を経て9月再開、ソーシャルディスタンスとマスク、公民館のご協力を得ながら、残り3、4回目を先日無事終了しました。
1回目1月27日、2回目2月10日、3回目9月29日、4回目10月12日

長い自粛を強いられたシニアのみなさんのおしゃべりは止まりません。みんな誰かと話せる場を希求していたんですね。
・コロナ禍の中での生き方
・これまでとこれから
・現状とコミニュケーションの大切さ
などなど、、、


人と話し、人の話を聴き、
ニコニコ笑顔で帰って行かれるみなさんの様子が印象に残る講座でした。


フォロワーシップ研修

108日に3時間、国土交通省の令和2年度の幹部候補育成研修(課長補佐級)の一環として、フォロワーシップの向上に向けた講座を演題「フォロワーシップ(~上司を活かし、組織を活かし、自分を活かす~)」としてオンラインでお話しました。将来の国土交通省を担う45名の方にお話ができて光栄でした。

zoomを使って福岡と関東を繋いで講座を催します。すごい時代になりました。

オンライン研修を前に緊張しています。写真も少し震えてボケています。お許しください。


2020ライフプラン研修 宮崎

9月29日と30日の二日間、29名の20歳代、30歳代の方にライフプランの研修を行いました。日頃の業務を離れて、自分の人生を見つめてみるって大切だと思います。研修の最後は全員に自分のライフプランを発表してもらいました。

コロナ禍のなか、ソーシャルディスタンス、換気、マスク、フェースガードとスタッフの方々の尽力に感謝です。